読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

Nexus 5にIIJmioのSIMを差してみた

Nexus

Nexus 5をiPhoneのテザリングやWiMAXのチカラ借りて運用してもいいのだが,せっかくなのでIIJmioのSIMを差して運用することにした。

f:id:esf:20131109222415j:plain:w400

テザリングは不安定なことが多いし,WiMAXルータは電源ONして繋がるまでの待ち時間が嫌いだし,そもそも電波の入らない場所が多い。
SIMさえ差してしまえば,キャリアのスマートフォン並に使い勝手が良くなる(通話はできないが)

今回申し込んだIIJmioは,月に500MB分のLTEクーポンが使えて,お値段はなんと945円
クーポン非使用時は約200kbpsの速度で通信してくれるので,2chTwitterを閲覧するには十分なレベル。

LTE通信が500MBじゃ足りないって人は,2GB使えるプランがあって,こちらは1596円
これでもキャリアの通信料金と値段と比べると激安。
テザリングや動画を垂れ流すなんて使い方をしなければ,2GBあれば十分だと思う。


セルスタンバイ問題とやらがあるみたいなので,SMS機能付きのSIMカードを選んでみた。
SMS付きであれば,この問題は解決できるとのこと。
つまりバッテリーの持ちが良くなる

SIMは11/3に申し込んで,11/7に届いてくれた。
素早い対応でありがたい。

SIMカードをNexus 5に差して,実際に使えるようになるまでの手順をメモしておく。

  • カードからSIMのチップをパキってやって外す
    • 折るときチップまで折ってしまいそうで恐かった
    • SIMを初めて自分で差す人は慎重にやろう
  • ピンで電源ボタン下付近の穴を押すと,SIMトレイが出てくる
    • ピンや詳しい手順は,Nexus 5に付属しているので要参照
  • 差し終わると端末の再起動を促される
  • 再起動後,しばらくすると電波を掴んでくれて完了

物凄く簡単にセットアップが終わった。

LTEクーポンのON/OFFの切り替えは,みおぽんを使うと便利。
てか,IIJのSIMを使うなら必須アプリだと思う。

セルスタンバイ問題とやらも,気になるほど影響は無さそう。

f:id:esf:20131109231624p:plain:h400


それでは通信速度の計測でも。
使用したアプリは,Speedtest.net


LTEオン
Down: 5.54Mbps,UP: 2.93Mbps

f:id:esf:20131109231735p:plain:h400


LTEオフ
Down: 0.32Mbps,UP: 0.28Mbps

f:id:esf:20131109232102p:plain:h400

どちらも室内で計測。
LTEオフにしても,300kbps以上出てるのがありがたい。
LTEオンで5Mbps以上出てるし,945円でこの結果なら大満足。
ヘタしたらWiMAXより速いんじゃないか……

今回申し込んだのはSMS付きのSIMカードなので,Nexus 5へSMSの送信テストをしてみたところ,問題なく受信できた。
SMSの送受信は,標準でインストールされている『ハングアウト』を使用した。
もっともSMSは1通に付き料金が発生するので,滅多に使うことはないだろう。
SMSが必須なサービス登録のときに役立つくらいか。

最後に,月額945円でこのクオリティなら大満足
こんなことなら,ガラケーIIJ SIMを差したNexus 5で運用すれば良かったな……
これなら月額2000円くらいで運用できるので。
ドコモのiPhone 5sなんて月額8000円くらいだぜ……