読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

服のサイズ選びが難しい体型になってしまった

雑記

基本的に服のサイズはMサイズなんだけど、ちょうどLとMの間にいるせいか、サイズ選びが難しい。
メーカーによってはMサイズでやや大きめかなって思うこともあれば、パツンパツンでとてもじゃないけど着れないってレベルまで。
大きい分には良いんだけど、小さくて着れないとちょっとね……

去年の夏くらいは、ユニクロのポロシャツはSサイズがちょうどいいって豪語してたんだけど、今ではユニクロのMサイズのポロシャツでも小さくなってしまった。
体重は去年となんら変わらないので、筋肉がついてしまったのが原因だと思う。

こんなことを書いても誰も興味ないだろうけど、現在の僕の体型をまとめてみたい。
この体型に近ければ、僕と同じでサイズ選びに悩みを抱えている可能性が高いので、何かの参考になればと。
あー、ちなみにオトコなので、スリーサイズに興奮しないように。

身長 173
体重 65
バスト 91
ウエスト 76
ヒップ 93
太もも周り 55


好んで買う服のメーカーはこんな感じ


ちなみにこの5つのメーカーの服を大きい順に並べるとこんな感じ(左側が大きい)
無印 > ラルフローレン >> ユニクロ > ブラレ > CK

無印のMサイズとCKのLサイズが同じくらいじゃないかってくらいサイズに開きがある。


質感が良い順に並べるとこんな感じ(左側が良い)
ラルフローレン > 無印 >>> ブラレ > CK >> ユニクロ

無印の質感は本当に素晴らしい。コストパフォーマンスが素晴らしすぎる。


さて、それぞれのメーカーに対して、僕の所感でも述べていきましょう。


無印良品

今までそんなに買う機会がなかったけど、最近すごく好きなメーカーの1つ。
サイズが自分にマッチし、質感が素晴らしいからかな。着心地良いし、頑丈ってイメージがある。
値段はユニクロに比べれば高いけど、今回ピックアップした他のブランドに比べればかなり安い。
コストパフォーマンスが素晴らしいので、これからもメインの服になりそう。

シャツ系はMサイズでちょうど良い感じ。やや大きいかなってこともある。
ズボンに関しては、このまえチノパンを買ってみたが、ヒップの作りがユニクロに比べて小さいのか、ウエスト82のズボンを購入する羽目になった。
ウエストはブカブカだが、ヒップがちょうどいいので仕方ない。
ちなみにユニクロのチノパンならウエストは76のものを使っている。

こんなに絶賛してるけど、今のところアウター系は買ってない。基本的にシャツや下着類がメイン。


ユニクロ

安くてそれなりの質だけど、やっぱりすぐダメになる印象。
しかし、ズボン系は重宝している。ユニクロのチノパンやジーンズはかなり好き。
自分には、ズボンは大きめな印象を受けるが、シャツ系は小さめな気がする。

昔は下着類はユニクロで揃えていたが、最近では無印にチェンジ。
でも、ヒートテックは愛用している。特にヒートテックの靴下は厚手で好み。
でも1年でダメになるくらい弱い作りだけど……

長く着るつもりなら、ユニクロは避けたほうがいいかな。
物によってはすごく長持ちするけど、いかんせん安定性がない。
その場限りの間に合わせや、1年持てば満足って物ならこれほど安くて良い買い物はないと思う。


ラルフローレン

主にポロシリーズを好んで着てる。ブランド物にしてはかなりしっかりした作りをしてる。
着る服に1つだけ混ぜておけば、良い感じのアクセントになる。ポニーのロゴが控えめな主張をしてくれるしね。
これからの夏シーズンでは、ポロシャツでお世話になること間違いなし。
たかがポロシャツなのに値段は相当するけど、着心地良いし、しっかりした作りなので1,2着は持っておきたい。

このブランドの欠点は、パチモノが大量に出回ってること。まあ、それだけあのポニーのロゴが有名な証拠なんだけど……
買うならしっかりとデパートで買ったほうがいい。

あとは、表参道のお店がダメなこと。店員が無駄に多いし、入ると全身チェックされて不快な気持ちになる。
「そんな服装で入ってくるな」と、無言の視線が飛んでくるようで嫌。
僕が良く行く、池袋の西武デパートの対応はかなり良いので、こっちで買うようにしてる。


BURBERRY BLACK LABEL

なんといっても、バーバリーチェックが好きなので、アウター系を中心に買ってしまうブランドの1つ。
まだ若者のつもりなので、BLACK LABELを愛用。一部では『三陽 BLACK LABEL』なんてバカにされるけど気にしない。

如何にさり気なくバーバリーチェックを見せるか、いやらしい作りをしたものが多いかなとw
質はまあまあで、値段の8割はバーバリーチェックとタグに払ってると思う。まあ、好きなんだから仕方ないよね。

冬物アウターはLサイズを購入してちょうどよかった。冬は着こむのでMサイズだと窮屈に感じた。
アウター以外でもそろそろLサイズを健闘したほうがいいのかも。少し小さめな作りだと思う。

ここの良いところは、バーゲンセールをしないので値段が崩れないこと。
自分が高い値段出して買った服がセールで大安売りされてると、精神的にダメージ食らうからね……

カルバンクライン

デザインが好きで愛用してる。
ただ、細身のものが多いので、そろそろワンサイズあげたほうが良さそう。

質に関してはイマイチかも。
何回か洗濯しただけでヨレヨレになってしまっているものもあるので……
ただし、パンツに関しては頑丈。カルバンクラインと言ったら、ボクサーパンツが先ず思い浮かぶからね。

セールでかなり大安売りされるので、それを狙って買うのも手だと思う。


まとめ

ユニクロと無印以外の3つは、それなりに高くいわゆるブランド物。
ちなみにブランド物の服を着るようになったのは1年くらい前のこと。
それまで服はひたすらユニクロでした。「服なんて隠せるモノ隠せればOK」って感覚しかなかったので。

最近、良い年になってきたので、身だしなみもそれなりに整えるかな……と思って、ユニクロ以外にも手を出すようになってしまった。
ユニクロの服って最近ちょっと溢れすぎじゃない? しかも一発でユニクロって分かるデザインしてるからね。
服に何万円も出すなんて、昔の僕なら全く考えられなかったけど、最近は慣れてきてしまったので、危ない傾向。本当の地獄はこれからだ。

ブランド物の服を買うにあたって未だに慣れないのは、店員がやたらと話しかけてくることだろうか。
落ち着いて見させて欲しい。上の3つの中だと、ラルフローレンがマシな部類で、そんなに話しかけてこないので助かってる。他の2つは店に入った瞬間に話しかけられる。

さて、最後に題名になってるサイズだけど、1年でだいぶサイズが変わってしまった。
原因は腕立て伏せをするのが日課になったからだろう。
このペースで腕立て伏せをし続けると、来年はLサイズ、再来年はLLサイズがちょうどいい体型になってしまうのではないかと、かなり不安になってる。
「ふんっ!」って気合い入れて、シャツのボタンがはじけ飛ぶくらいまで頑張りたい。