読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

iPhone 6s カメラの実力は?

iPhone 6sのカメラは、明るい場所ではかなり綺麗に撮れる。
動画も不満無いし、Live Photos面白いしで、コンデジより便利じゃないかな。

何よりMacを使っている場合は、写真アプリとの連携が非常に便利。
まあ、iCloudの容量が足りなくなるので、容量追加しないといけなくなるけど。


ただし弱点はある。高感度が弱い
ISO 500くらいから少々粗いのが目立つようになり、1000を超えるとはっきりと分かるレベル。
iPhoneに高感度まで求めるのは酷だが……

しかし、iPhoneだけで見る分や、L版サイズでプリントする分には、そこまで気にならないと思う。
高解像度のPCで見ると気になるかなってレベルなので。


それでは、試しにISOが異なる写真を何枚か貼ってみる。
それぞれ2枚目は、1枚目の一部をピックアップした写真。


ISO 25
ISO 25


ISO 25~01

明るいとホント綺麗に写る。


ISO 800
ISO 800

バージョン 2

ノイズが多少気になるかな程度。
じっくり見なければ分からないレベルなので、このくらいのISOなら十分実用レベル。
それにしても、ここまで写ってくれるんだから凄い。


ISO 1000
ISO 1000

バージョン 2

拡大すると粗さが目立つし、輪郭もぼやけ気味。
でも、iPhoneの画面で見る分にはそこまで影響ないかな。


ISO 1600
ISO 1600

バージョン 2

ISO 1000超えるとそこまで変わらないかな。
こちらもiPhoneの画面で見る分には、まあ大丈夫かな。


期待し過ぎると高感度で残念な結果になるけど、コンデジじゃないのにここまで写れば十分って感じもする。
Nexus 6Pや5Xがどれくらい良く写るのかが気になるところ。