読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

電子書籍サービスの乱立

毎年、電子書籍元年なんて言われてるけど、今年はだいぶ始まってきた感がある。

ただ、乱立し過ぎてて、どのサービスに託せばいいのか分からない。
せっかく電子書籍を購入しても、サービスが終了したことによって読めなくなるんじゃどうしようもないから、どのサービスを利用するかは慎重に決めないといけないよね。

一番の理想はオライリーのEbookみたいに、PDFやEPUB形式のファイルを売ってくれること。
これならファイルが手元にあるので、サービスが潰れたとしても心配無いし、どの端末でも自由に読むことができる。


パッと思いつく電子書籍サービスを列挙してみる。

あと何かあったっけ?

まあいいや。
思い出せない時点で候補にならないだろうから、上で列挙したサービスについて、あーだこーだ文句を書いていくことにする。


Amazon Kindle

現在の最有力候補。
バックグラウンドがしっかりしてるので、候補の中では一番長持ちしそう。

Kindle専用端末があったり、iOSやAndroidでもアプリを提供しているので、デバイス選択の自由度が高い。
また既読位置を同期できるので、外ではiPhoneで読んでて、帰宅してから続きをiPadで読むみたいな使い方もスムーズにできる。

欠点としては、書籍を探しづらいこと。
他のサービスみたいに、こんな本が売れててどうのこうのとか、大々的に宣伝するページがあっても良いんじゃないかと思う。
本を買う時って、表紙やタイトル、売れてますのポップを見て「これ面白そうだな」って手に取る事が多いので。
今の状態だと、目的の本を検索して購入って買い方が主流になってしまう。

あとは、iOSのKindleアプリ内でも書籍の購入がしたい。


GALAPAGOS STORE

名前が先ず駄目。シャープなのも心配過ぎる。
iOS、Android共に対応してるけど、アップデートの対応が遅い。Nexus 7はようやく対応した状態だし。
アプリ内からも購入ができない。
目のつけどころをもっとシャープにして欲しいもんだ。


SONY Reader

購入ページやページめくりなどのUIは一番好きだが、iOSに対応してない。
PSPなんかで読みたくないんだよ、iPhoneiPadで読みたいんだよ。

Nexus 7で試してみたが、輝度の調整を最低にしても、目がやられるくらい明るかった。
もう起動したくない。


Book Live!

ラノベや漫画が充実してる印象。第2の候補として検討中。
UIも悪くないし、既読位置の同期もできる。iOSとAndroidにも対応してる。

残念なのはPCでの立ち読みがWindowsアプリしか無いこと。Macにも対応して欲しい。
あとはアプリ内で購入を完了したい。

専用端末も販売されるみたいだし、これからに期待しておく。


ebook japan

Book Live! と似た感じがする。
ただし、Book Live!と比べて不安を感じるのは何故なんだろうか……


紀伊国

使ったこと無いけど、どうなんだろう。


楽天 kobo

楽天なので使うことはないでしょう。


後ろにいくほど悲惨なレビューになりますが……

現時点ではやはりAmazon Kindleに託すのが良いかなと。
Kindleに無いものをBook Live! で補完したい。


電子書籍は便利だし、場所も取らなくて済むので大好きだが、現状のようなサービスを通した販売は不安。

  • サービスが終了すれば読めなくなる可能性がある
  • アプリが対応しないと読めない

読む環境がどうしても紙の本よりも制限されてしまう。
今後はもっと電子書籍サービスが乱立するだろうし、どうなることやら。

ちなみに紙版と電子版が販売されてたら、迷うことなく電子版だけ購入するでしょう。
もうそのくらいに、僕の中では電子書籍に切り替わってる。