読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

ルートダブル グランドエンドにようやく到達!

ゲーム

f:id:esf:20120812141215j:plain


Xbox 360用ソフト『ルートダブル - Before Crime * After Days -』がようやく終了しました。
いや、それにしもて長い! まさか50時間もかかるとは思わなかった……


f:id:esf:20120811152353j:plain



それでは感想でも。

テーマは『記憶』。

  • 記憶の蓄積により人格は形成されている
  • 記憶の操作を行い、他者の記憶を自分に取り込むと人格はどうなるか?
  • 記憶を集約させることで、そこに意識を作り出せるか?
  • 記憶の改竄・消去


設定はかなり凝ってて良いと思う。『Ever 17』や『シュタインズ・ゲート』並に良い。

ただ、肝心のストーリー展開はあまり好きでは無い。
まず長いこともあるんだけど、中盤以降はひたすら記憶を眺める作業が繰り返される。
さすがに単調で飽きてきた。テーマと合致している言えば、そうなんだけどさ……
このゲームほどしつこくないけど、記憶をたどるのは『BALDR SKY』に似てると思った。


あとは、キャラクター設定が少し残念に思う。これと言った際立つキャラが不在。
特に主人公2人の男性、あまり好きになれないw
眼鏡のほうなんて特に好きになれない……


このゲームには、ノベルゲームによくある選択肢というものが存在しません。
その代わり、パラメーターを調整し、その結果により分岐するってシステム。

これがまた厄介で、分岐パターンが多い。
更には、分岐に失敗すると即ゲームオーバーってパターンが多かった。
分岐失敗で即ゲームオーバーや、その時にヒントが表示されるあたりは、『街 〜運命の交差点〜』に似てるかな。


僕はあまり分岐ってものが好きじゃない。
選択肢でストーリーが変わることに興味はなく、純粋にシナリオを楽しみたいので、作業ゲーと化す分岐は嫌いだ。
なので、ルートダブルの分岐もあまり好きになれなかった。
『シークレットゲーム』や『DUNAMIS 15』みたいに1本調子のゲームが好き。


ちなみに、グランドエンドに到達する為のパラメーター調整には苦労しました。
Chapter 6のシーン『選択』の場面で、どうしてもグランドエンドルートに突入できなかった。

参考までにグランドエンドルートに突入する為には、9人全員のパラメーターをいじれる状態になってないといけない。
突入できなかった時は、4人くらいしかいじることができなかった。

f:id:esf:20120726214314j:plain


9人全員のパラメーターをいじれるようにするには、記憶を全てみる必要がある。
この"全て"がポイントで、BAD ENDに繋がるような記憶も全てみる必要がある。
まあ、√DをChapter 1からやって、全パターンの分岐を試せば確実でしょうw


最後にまとめると、

  • 記憶とBCに関する設定は非常に好き
  • 如何せん長い、後半戦は単調
  • キャラに好感が持てない


こんなところでしょうか。



総評: ★★★★☆(4点)