読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIMENSION 2.00

/ Nexus / Mac / Ubuntu / カメラ / beatmania / 猫 / 株 / 情報蒐集 /

Bose on-ear Headphones を修理に出した

2007年に買った Bose on-ear Headphones(以下、OE)が壊れてしまいました。
壊れたというよりは、音が明らかにおかしいって状況です。
低音が全くなくスカスカな音になってしまいました。筆舌に尽くしがたいのですが、本当にスカスカです。


こんなのBOSEじゃない……
でも、最初は自分の耳が遂に逝かれたか? なんて思ってしまったw
正直、音って難しいからね。違うイヤホンに耳が慣れちゃうと、今まで好きだった音も別の音に聞こえてきちゃうし。


こんな音じゃ聞けたもんじゃい。けど、このまま放置しておくのは勿体ない!
というわけで、試しにBOSEのお店に持っていってみました。
店員さんに相談すると、ヘッドホンの音チェックを始めてくれました。

「あ、これ駄目ですね。低音が全く出てません」


自分の耳は正しかったようです。この瞬間に故障が確定しました。
なんで突然低音が出なくなったのか訊いてみると、断線により一部の周波数が出なくなることがある とのこと。


もう保証期間が過ぎてるので、8400円の修理費が必要とのこと。
ただし、修理ではなく新品交換になるとのこと。
そして、OE2にバージョンアップされるとのこと。


8400円で新品になるなら安いもんです。
BOSEは一度買ってしまえば、修理費を払って新品交換を繰り返せるのが強み。
まあ、そんなに壊れてくれるなって話ではあるけど……


修理に出して5日くらいで、モノが届いてくれました。修理代は代引なので持ち逃げはできません。

IMG_2976.JPG
IMG_2976.JPG



前のモデルよりも若干小さくなったかな?
全体的にちゃちい作りになった気もする。

耳あて接合部がちょっと脆いです。
ヘッドホン付けようとするとバキって音がよく鳴って心臓に悪い。
次は断線ではなく、耳あて接合部が真っ二つに折れて、修理に出すことになるでしょう。


音は素晴らしいです。修理前と比べると雲泥の差。
しかし、BOSEは音よりも、つけ心地の良さが秀逸だったりする。
OE2は本当につけ心地が良くて、長時間装着してても耳が痛くならないです。


ヘッドホンのコードを簡単に交換できるのも◎
試しに、B&W P5のiPhoneリモコン付きコードを差してみたら、問題なく動作しました。
今回ゲットしたOE2はリモコン無しモデルなので、これは嬉しい誤算。
iPhoneで音楽を聴くことはほぼ無いけど、iPod nano 6thで聴くことは多いので、リモコン付きコードはあったほうが便利。

てか、iPod nano 6thの使いづらさをなんとかして……


修理代は少々高いけど、新品交換してくれるので、考え方によっては安いです。
そして、修理に出してからモノが届くまでも比較的早いのも良し。
BOSEのサポートはなかなか良いんじゃないかなと。

しかし、よく断線するので注意です。